予備知識をつけておく

婦人

目の周りの冷却も効果的

美容整形を受ける時には必ずカウンセリングを受けますが、二重整形のカウンセリングを受ける際に押さえておきたいポイントを口コミなどで見て調べておくと良いでしょう。最も大切なことは、施術に関する知識を付けてからカウンセリングを受けることです。施術の種類や特徴などについて医師から説明はありますが、全く予備知識がないまま聞くのと予め基礎知識を付けたうえで聞くのとでは理解度が大きく変わります。カウンセリングの時間は限られているので、基本的な情報を知っていると施術方法の説明などに時間が取られずより突っ込んだ質問ができるなど有意義に時間が使えます。また、すっぴんのままかメイクをしたままなのか、どちらの状態で受けるのが良いか迷ってしまいますが、仕上がりの状態を見てもらうためにもまずはメイクした状態で行き、その後化粧を落としたすっぴんの状態を見てもらうのが口コミでは一般的な方法のようです。カウンセリングではスティックを使って二重幅をシミュレーションしてくれるので、施術後にどのような仕上がりになるのか自分の目で確認することもできます。二重整形のダウンタイムは、施術方法によって異なります。メスを使わない埋没法の場合は、腫れが3日程続くためその期間は安静にしているのが良いでしょう。1週間ほどすると腫れも引いてくるため、メイクをすれば人に気付かれないほどに回復します。普通の日常生活を行っても差し支えありません。ただ、スマホやパソコンを長時間使用するなど、目を酷使することは避けるのが無難です。切開法の場合は、メスを使うためダウンタイムも長くなります。腫れがひくまでに1週間から2週間がかかり、その期間は目を酷使しないことが大切です。大まかな腫れがひいた状態からしっかりと落ち着くまでには3ヶ月程かかりますが、その期間は普通の生活を行うことができます。また、完全に傷が治るまでには1年から2年ほどの期間が必要です。口コミでは、二重整形のダウンタイムの期間を短くするには目の周りを冷やしたり、腫れている時にはメイクをしなかったりするのが良いとの声があがっています。口コミの意見を参考にしながら、できるだけダウンタイムの期間を短縮すると良いでしょう。

Copyright© 2018 人気の二重整形でコンプレックスを解消【口コミでも大人気】 All Rights Reserved.